永く住み継ぐ、自然素材の家づくり|永代ハウス株式会社

0120-194-243

お問い合わせ・資料請求

協力会「匠」シリーズ

永代ハウス株式会社の家づくり匠の技の紹介です。
永代ハウスと協力会のメンバーが全身全霊渾身の技を駆使し家づくりに取り組む姿を紹介します。
T様邸の地鎮祭から完成引き渡しまでを追って行きます。

①まずは協力会総会です。

1年に1回協力会総会が開催され、前年度の活動報告と本年度の報告議事進行が進んでいきます。
山頭専務を筆頭に安全にかつスムーズに工事が進行できる事を念頭に協力会全150社参加のもと、総会も進行していきました。

このページのトップへ

②T様邸地鎮祭 5月31日

5月31日、T様邸地鎮祭が施主様、会社代表で松村室長、担当営業、担当建築、協力会参加のもと、須佐神社様の御祓いを受け、最高の天気の中、無事終了しました。

このページのトップへ

③基礎工事 (構基盤)

いよいよT様邸基礎工事スタートです。
担当は構(カマイ)基礎さんです。しっかり、どっしりした頑丈な基礎作りです。
まずは、グリ石敷作業風景、構さんは基礎歴40年以上のベテランまさに「匠」です。

次にコンクリート枠を組み立てコンクリートの流し込み作業です。
天気もよく、風景もバツグンな(九十九島がよく見える絶景な場所)立地です。

ベタ基礎の完成です。
構基礎さんの3人のメンバーさん達です。技を駆使したベタ基礎の完成!

このページのトップへ

④材木製材

我社の協力会の高島木材さんです。ここで施工する材木の製材をします。
使用する材木は国産でもちろん九州産の杉材です。天日乾燥している所です。
いよいよ T様邸の図面が出来あがりました。
図面どうりにプレカットする為に、コンピーターに入力です。

機械で図面どうりに製材してゆきます。正確にプレカットされていきます。
この機械も大きい機械ですね。きれいに仕上がっています。

機械で出来ない部分は棟梁が手作業で仕上げていきます。
いよいよ T様邸の材木がプレカット完了しました。次は上棟です。

このページのトップへ

⑤上棟式

いよいよ T様邸上棟です。
今日は快晴の中、8人の匠によって施工スタートです。天気よくてよかったですね~

正午を向かえて、安全祈願の為の「込み栓打ちの儀」です。
お施主様、施工者の代表、棟梁による「込み栓打ち」です。
施工中、くれぐれも安全第一で、T様邸の完成を願ってます。

なおらいの儀」お施主様のご好意による昼食を取りながらの式典です。
お施主様の財産造りを行う、我社「協力会」匠の重鎮の面々です。
「安全第一でよろしくお願いします」とのことでした。

このページのトップへ

⑥大工工事(壁・左官工事)

サッシも入り、壁も少しずつ施工されてきました。
壁はエアパス工法の特殊断熱材です。
棟梁の松本建築さんです、腕によりをかけてエアパス工法の施工、まさに「匠の技」です。
内壁も随分できあがりました。

内壁も床もほぼ完了です。
いよいよ、浜口左官さんによる、塗り壁のスタートです。健康によい、珪藻土、漆喰にて施工していきます。
T様の奥様も我家の壁塗り体験です。
リビングの壁に子供達の手形を記念にと、つけました。

このページのトップへ

⑦建具・内部仕上

いよいよ完成まじかになってきました。建具も自然素材で作られています。
2階、吹き抜けの手摺りも杉で作られ、気持ちよい空間となっており、子供達も元気よく遊んでいる姿が目にうかびます。
吹き抜けの天上には、自然素材に囲まれた、大型のオシャレな扇風機、ここちよい風が流れてきます。
壁は漆喰、珪藻土で塗壁、なんとも言えない空気が感じられます。
キッチン廻りもすべて自然素材、杉床、漆喰壁、杉建具、杉階段、料理もよりいっそう引き立ちますね。今にも、家族の笑い声が聞こえてきそうな、キッチンです。

2階、吹き抜けのある場所にファミリールーム、この場所から九十九島を眺める景色が最高です。
この窓は奥様の身長に合わせて造られたとか、夕方は絶景です。

建具類専門の大脇木工所さんです。ここで建具類、小物類を製作されています。
材料の杉はより選びぬかれた、九州産の杉
大脇社長と建具職人、40年以上のベテランです。材料の吟味から加工まで、機械もたくさんあり、日曜大工の好きな人には、たまらない職場ですが、まずは杉の香りの凄い所です。
建具作成の細かい作業です。一つ一つ手作業で正確に作業されています。

これは職人さんが製作された額です。さすが職人さんです。
とても、綺麗で素晴らしい作品です、杉ってとても癒されますね。

このページのトップへ

⑧和室・畳

内障子と琉球畳、明るくて今にもタタミの香りがしそうな和室です。
和室天上、まさに「和」ですね。
井手畳店の大将です。40年以上のキャリアを持つ、まさに「匠」現在は二代目が頑張っておられます。
もう今の時代にはめったに見られない、畳の針です。手の皺に年期がでてますね。

タタミ作成の機械です。いろんな機械で作成します。

この畳はインドタタミと言って普通のタタミより、太く強いタタミです、少々お高い・・・
この畳は非常に歩きごごちがいいですよ。

この畳は洋風タタミです、洋風リビングにとても合います。タタミにもいらんな商品がありますね。

このページのトップへ

⑨建物完成・引渡し式

工事スタートから約5ヶ月あまり、T様念願のマイホームが完成いたしました。
玄関はシックに落ち着いた雰囲気の玄関に仕上がりました。
本日は建物引渡し日です。
建物の内、外の説明が終り、いよいよ引渡しセレモニーが始まります。
これから、会社代表、営業責任者、営業担当、お施主様出席のもと、会社よりお礼状の授与がはじまります。

←玄関キーの引渡し
セレモニー

家族の喜びの記念写真です。皆さん、少々緊張ぎみ?
施工者、お施主様そろっての記念写真、完成写真、この建物の左側は九十九島が一望できる素晴らしい場所です。

T様、ご協力たいへんありがとうございました。これからも長い付き合いよろしくお願いいたします。

 

家の購入をお考えの方へ

永代ハウスについて